no-image

都内の大きな公園で

都内の大きな公園で開かれている陶器市に行って来ました。焼き物の手触りと温かみのある絵柄が好きで少しづつ集めている内に結構な数になってしまいましたが、

陶器市と聞くと居ても立っても居られなくて足が向いてしまうんです。小皿一枚100円から人間国宝の作品も売っています。当然、お値段もするので眺めるだけ目のご馳走。箸や汁碗などを取り扱うお店や豆菓子、地方の名産品なども販売されてます。お店の数が予想以上に多くて回るだけで大変ですが、散歩がてらいい運動になりました。歩いていると有田焼きのお店で割烹が使うような器を見つけ、ワンコインなのに見た目にも高級感があってお客様のお膳に出せそうな感じ。当然買いです。さらに進むとずっと探していた大きめの漆のお椀を見つけて大満足。お店の人に手入れ方法を聞いただけのつもりが、世間話がはずみ、すっかり長居しちゃいました。こうやって窯元の人と直接話が出来るのも陶器市の魅力ですね。最後に名産品のお店で家族へお菓子を買い会場を後にしました。一人で行ったので荷物が重くて大変でしたが、誰かと行ってたらもっと買ってたかも。。 パスタ皿など暗色の料理が映えるようなものが欲しいのですが、なにせ食器棚はもう一杯。リサイクルやフリーマーケットで売るか処分して入れ替えという形を取らないと際限ありませんね。でも、とてもいいお買い物が出来て大満足でした。メディクチュール 市販